読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年 5/24 歌舞伎座

摂州合邦辻はあまり好きな演目じゃないのですが、歌六の合邦がとてもよかった。
天一坊は長い割には面白さはいまひとつ。
夜の部、丸橋忠弥は前半は退屈ながら、最後の松緑の立廻りがとにかくかっこよくて楽しめました。怪我しないかちょっと心配になりましたが。
蛇柳は、コクーンでやったときとは演出が変わって、より歌舞伎十八番らしくなっていた感じがします。
め組の喧嘩は楽しかったですが、中村座を思い出してしまいました。

昼の部

一、摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)
合邦庵室の場

玉手御前 尾上菊之助
俊徳丸  中村梅枝
浅香姫  尾上右近
奴入平  坂東巳之助
合邦道心 中村歌六
母おとく 中村東蔵


通し狂言
二、天一坊大岡政談(てんいちぼうおおおかせいだん)

序 幕
二幕目
三幕目
四幕目
大 詰 紀州平野村お三住居の場
紀州加太の浦の場
美濃国長洞常楽院本堂の場
奉行屋敷内広書院の場
大岡邸奥の間の場
大岡役宅奥殿の場



大岡越前守  尾上菊五郎
池田大助   尾上松緑
山内伊賀亮  市川海老蔵
お三     市村萬次郎
赤川大膳   坂東秀調
平石治右衛門 河原崎権十郎
下男久助   坂東亀三郎
嫡子忠右衛門 市村萬太郎
お霜     中村米吉
伊賀亮女房おさみ 澤村宗之助
吉田三五郎  片岡市蔵
藤井左京   市川右之助
名主甚右衛門 市村家橘
僧天忠    市川團蔵
天一坊    尾上菊之助
大岡妻小沢  中村時蔵



夜の部

一、慶安太平記(けいあんたいへいき)
丸橋忠弥

丸橋忠弥  尾上松緑
女房おせつ 中村梅枝
駒飼五郎平 坂東亀寿
勝田弥三郎 中村歌昇
母おさが  市川右之助
弓師藤四郎 市川團蔵
松平伊豆守 尾上菊之助



二、歌舞伎十八番の内 蛇柳(じゃやなぎ)

丹波の助太郎実は蛇柳の精魂/金剛丸 市川海老蔵
阿仏坊  坂東亀三郎
覚圓   坂東亀寿
普門坊  坂東巳之助
誓願坊  尾上右近
徳善坊  中村種之助
随喜坊  中村鷹之資
住僧定賢 尾上松緑


三、神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)
め組の喧嘩
品川島崎楼より
神明末社裏まで


め組辰五郎   尾上菊五郎
女房お仲    中村時蔵
九竜山浪右衛門 中村又五郎
柴井町藤松   尾上菊之助
背高の竹    坂東亀三郎
三ツ星半次   坂東亀寿
芝浦の銀蔵   中村歌昇
伊皿子の安三  中村萬太郎
おもちゃの文次 坂東巳之助
御成門の鶴吉  市村竹松
新銭座の吉蔵  尾上右近
二本榎の若太郎 大谷廣太郎
亀の子三太   中村種之助
狸穴の重吉   大谷廣松
烏森の竹次   中村隼人
花籠の清三   市川男寅
山門の仙太   中村鷹之資
左利の芳松   市村橘太郎
三池八右衛門  片岡松之助
山九郎次   嵐橘三郎
神路山花五郎  澤村由次郎
宇田川町長次郎 河原崎権十郎
尾花屋女房おくら市村萬次郎
露月町亀右衛門 市川團蔵
江戸座喜太郎  坂東彦三郎
四ツ車大八   市川左團次
焚出し喜三郎  中村梅玉

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/7