読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年 8/23 八月納涼歌舞伎@歌舞伎座

おちくぼ物語で、終わった瞬間に近くの席の男性が、いい男だね〜と一言。男性から見ても隼人はかっこいいということですね。
その他では、宗之助が阿弖流為の随鏡といい、今回の兵部少輔といい新境地開拓かという感じ。女形のいい役ももっとやってほしいけども。


棒しばりは楽しかった!「十世坂東三津五郎に捧ぐ」というのが悲しいけれど、勘九郎も巳之助も親の意志を継いで、これからこの二人のコンビで何度も観ていきたいと思わせる舞台でした。


逆櫓は、最近やってるのは幸四郎吉右衛門ばかりだったから、橋之助にはこれから何度もやって頑張ってほしいと感じました。


京人形では、人間じゃないものを演じるときの七之助の無機質な美しさが素晴らしいなと感じました。


芋掘長者はほんわかとして楽しい舞台でした。七之助のおしりフリフリの動きが可愛かった。
祇園恋づくしは勘九郎がお父さんに似てるなあと改めて感じるところがありました。


八月の歌舞伎座は外国人や若い人が多くて、子供さんも見かけて、楽しそうでした。芋掘長者を幕見で観てた若い子たちが、思ってたよりわかりやすかったーと楽しそうにしてたので、そういう感想聞くとうれしくなります。

第一部

一、おちくぼ物語(おちくぼものがたり)

おちくぼの君 中村七之助
左近少将 中村隼人
帯刀     坂東巳之助
阿漕     坂東新悟
牛飼の童三郎 中村国生
兵部少輔   澤村宗之助
典薬助    片岡亀蔵
北の方    市川高麗蔵
中納言   坂東彌十郎




十世坂東三津五郎に捧ぐ
二、棒しばり(ぼうしばり)

次郎冠者  中村勘九郎
太郎冠者  坂東巳之助
曽根松兵衛 坂東彌十郎


第二部

一、ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき)
逆櫓


船頭松右衛門実は樋口次郎兼光 中村橋之助
畠山重忠    中村勘九郎
女房およし   中村児太郎
船頭日吉丸又六 中村国生
同 明神丸富蔵 中村宜生
同 灘芳九郎作 中村鶴松
漁師権四郎   坂東彌十郎
お筆      中村扇雀



銘作左小刀
二、京人形(きょうにんぎょう)

左甚五郎  中村勘九郎
女房おとく 坂東新悟
娘おみつ実は井筒姫 中村鶴松
奴照平   中村隼人
京人形の精 中村七之助



第三部

十世坂東三津五郎に捧ぐ
一、芋掘長者(いもほりちょうじゃ)


芋掘藤五郎  中村橋之助
友達治六郎  坂東巳之助
腰元松葉   坂東新悟
魁兵馬    中村国生
菟原左内   中村鶴松
松ヶ枝家後室 坂東秀調
緑御前    中村七之助


二、祇園恋づくし(ぎおんこいづくし)

大津屋次郎八/女房おつぎ 中村扇雀
指物師留五郎       中村勘九郎
芸妓染香         中村七之助
手代文吉         坂東巳之助
おつぎ妹おその      中村鶴松 
持丸屋女房おげん     中村歌女之丞
岩本楼女将お筆      市川高麗蔵
持丸屋太兵衛       坂東彌十郎