歌舞伎

2015年 8/23 八月納涼歌舞伎@歌舞伎座

おちくぼ物語で、終わった瞬間に近くの席の男性が、いい男だね〜と一言。男性から見ても隼人はかっこいいということですね。 その他では、宗之助が阿弖流為の随鏡といい、今回の兵部少輔といい新境地開拓かという感じ。女形のいい役ももっとやってほしいけど…

2015年 8/16 稚魚の会・歌舞伎会合同公演@国立劇場小劇場

芝のぶの八重垣姫を目当てに行きましたが、みんな健闘しててよかったです。 芝のぶはきれいで熱演でした。本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう) 長尾謙信館十種香の場中村 魁春=監修・指導 八重垣姫 中村芝のぶ 花作り簑作実は武田四郎勝頼 大谷桂太郎 …

2015年 8/8 尾上松也歌舞伎自主公演「挑む」@神奈川芸術劇場

操り三番叟は國矢の動きが見事でした。松也の翁はさすがに若すぎ。蔦之助の千歳がかわいかった。 二人袴は新作だそうですが、面白かったので本公演でもやってほしいと思いました。一、操り三番叟(あやつりさんばそう) 三番叟 : 澤村國矢 後見 : 尾上音一…

2015年 7/5 新橋演舞場「阿弖流為」

阿弖流為はとにかく楽しかった。新感線のアテルイがいまひとつ好きではなかったので、心配していたのだけど、好きじゃなかった原因の、ギャグが多すぎるのと、染五郎の活躍を期待してたのに堤真一が大きすぎて、両主人公という形で染五郎が少し霞んだという…

2015年 7/5 歌舞伎座 昼の部

里見八犬伝、梅玉の六方が珍しい。 蜘蛛絲は猿之助がすごくて楽しかったです。さんざん踊って早替わりしたあとの立ち回りという、すごい体力、運動神経だと思いました。最後は海老蔵の押し戻しも出てきて華やかでした。 昼の部一、南総里見八犬伝(なんそう…

2015年 7/4 歌舞伎座 夜の部

熊谷陣屋は初役の海老蔵以外は左團次、梅玉、芝雀、魁春と鉄板の配役。 気になっていた海老蔵の熊谷は、うまいとはいえないけど、心配してたほど悪くはなかった。 吉右衛門に習ったとおりにきちんと勤めようという気持ちは感じました。牡丹灯籠は玉三郎演出…

2015年 7/4 国立劇場 歌舞伎鑑賞教室「義経千本桜」

国立劇場歌舞伎観賞教室、歌舞伎のみかた。萬太郎の解説はよどみなく、すらすらと、特に面白味もなく、とはいえ、高校生の集中力は切らさない安定した解説でした。菊之助が碇知盛ということで話題の義経千本桜。菊之助は銀平は細っ!て感じだったけど、知盛…

2015年 6/21 ABKAI@シアターコーン

ABKAI、開演前と幕間にヒャダインが今回のために作ったという曲が流れてました。ツイッターなどであまり良い感想をみかけなかったので、どんだけ酷いかと思ってたけど、思ってたよりは酷くなかった。良いとは言わないけど。宮沢章夫と宮本亜門なしでもっと歌…

2015年 6/20 歌舞伎座

新薄雪物語が何とも重厚ですばらしかった。 花見では、大膳の「咲いたわ咲いたわ」が名ゼリフというのは知っていても、今まで富十郎さんのも海老蔵のもそれほどピンとこなかったんだけど、今回の仁左衛門の大膳でこんなにゾクゾクするセリフだったんだと初め…

2015年 6/6 歌舞伎鑑賞教室「壺坂霊験記(つぼさかれいげんき)」@国立劇場

国立劇場の鑑賞教室。歌舞伎のみかたは亀寿で、解説はさすがに安定的。声もいいので聴きやすい。片岡當史弥が出てきて女形の化粧の仕方を見せる、学生さんを二人舞台に上げて女形の姿勢をしてもらうなど、解説は例年よくあるわりとオーソドックスな形でした…

2015年 5/24 歌舞伎座

摂州合邦辻はあまり好きな演目じゃないのですが、歌六の合邦がとてもよかった。 天一坊は長い割には面白さはいまひとつ。 夜の部、丸橋忠弥は前半は退屈ながら、最後の松緑の立廻りがとにかくかっこよくて楽しめました。怪我しないかちょっと心配になりまし…

2015年 5/17 明治座五月花形歌舞伎 昼の部

矢の根の仁王襷をかけるところで、後見待ってました!の大向うかかりました。後見は喜昇、喜美介。あの襷は慣れないときれいに早くやるのは難しいんだろうなあと思いました。男の花道はとても面白かった!いい意味でクサい、あざとい感動のさせ方ではあるけ…

2015年 5/16 明治座五月花形歌舞伎 夜の部

5/16、歌舞伎が初めての会社の同僚を連れて、明治座へ行きました。同僚もとても楽しんでくれました。あんまと泥棒は、中車がいい味を出していて、笑いも起きていました。こういう役でどんどん持ち味を発揮していってほしいと思いました。鯉つかみは前に観た…

2015年 5/9 前進座五月国立劇場公演「番町皿屋敷」「文七元結」

番町皿屋敷は、お菊が女優さんだったのですが、違和感なくて、面白かった。最後、だんだんと暮れていく照明の使い方と散る花びらがきれいでした。文七元結は、長兵衛の藤川矢之輔、お兼の河原崎國太郎ほか、みんな息が合ってて良かったです。梅之助さんも家…

2015年 4/19 歌舞伎座

40年ぶりという碁盤太平記が、意外と面白かった。 細かいところのリアリティにこだわってるところに、上方の伝統を感じたり、初代鴈治郎の芸風を想像できて興味深かった。 ストーリー的には、何も碁盤で図面描かなくてもという感じだけども。 六歌仙はとにか…

2015年 4/11 平成中村座 昼の部

角力場は、彌十郎が体が大きいから、相撲取りの役が似合っていてよかった。 獅童はおかしみとか柔らかさを出そうとするとわざとらしくなってしまうのが傷。勧進帳、橋之助の弁慶は、きっちりした正統派という感じでとてもよかった。歌舞伎座でも観たい。 国…

2015年 4/4 平成中村座 夜の部

4月平成中村座夜の部。三笠山御殿は七緒八くんがかわいい、というのが一番の感想。 七之助のお三輪はけなげでした。獅童の鱶七が思ってたより全然大きさが足りなかったのが残念。高坏の勘九郎はほどよいおかしみでした。幡随長兵衛。序幕の村山座が面白かっ…

2015年 3/21 三月花形歌舞伎@南座

昼の部、矢の根。歌昇が思ったより見た目が立派で力いっぱい。ただ、声はつらそうだった。 鳴神。松也の鳴神上人は前半はいいけど、ぶっ返ってからはもっと迫力がほしかった。米吉の雲の絶間姫はすごくきれい。 米吉の雲の絶間姫は最初から色気出しまくりで…

2015年 3/7、3/15 歌舞伎座 菅原伝授手習鑑

菅原の通しは仁左衛門の菅丞相が絶品でした。 筆法伝授では、仁左衛門の座ってる姿が神々しく、道明寺では木像の奇跡を起こす神聖さと、情愛あふれる親の顔と両面とも素晴らしかった。 賀茂堤。斉世親王が17歳、若い二人の恋が悲劇の始まりなんだなあという…

2015年 2/21 歌舞伎座

2月歌舞伎座は吉右衛門の陣門・組討が一番でした。「勝ち鬨」という一言だけでこんなに感動したことはなく、続けてそのまま吉右衛門で熊谷陣屋を観たくなる感じでした。昼の部一、吉例寿曽我(きちれいことぶきそが) 鶴ヶ岡石段の場 大磯曲輪外の場近江小藤…

2015年 2/8 六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事」

2/8に六本木歌舞伎を観ました。荒事らしく荒唐無稽で豪快で面白かった。 宇宙人が出てくるスターウォーズ風の話でいろいろとツッコミどころやムチャクチャなところがあって、嫌いな人には受け入れられないと思うけど、そういうところを全部海老蔵のパワーで…

2015年 1/11 歌舞伎座

昼の部はあんまり期待してなかった一本刀土俵入りが意外と良かった。番町皿屋敷は、吉右衛門がセリフで、お菊の名前を一度間違えたけど、後半は淀みなく、緊迫感ありました。芝雀のお菊は儚げで可哀想だった。 女暫は、玉三郎と吉右衛門の幕外の引っ込みの豪…

2015年 1/10 国立劇場「通し狂言 南総里見八犬伝」

1/10に国立劇場で里見八犬伝を観ました。恒例の流行語を絡めたネタは、だめよーダメダメが出たのは想定内でしたたが、猿之助のCMのスズキの初売りネタがあるとは予想外でした。私の近くのおばちゃんたち大喜びでした。楽しく観ました。http://www.ntj.jac.go…

2015年 1/4 新春浅草歌舞伎@浅草公会堂

浅草歌舞伎第一部のご挨拶は巳之助と米吉。 七人の中でもおしゃべりな二人でまとめ役がいないと終わらないということで、巳之助が司会役で米吉に質問していく形で進行。 巳之助から米吉に「テレビ向きだと思うんで、MCとかどうですか?米子の部屋とか、笑っ…

2015年 1/2 新橋演舞場「石川五右衛門」 

2015年を振り返って。初芝居は新橋演舞場、石川五右衛門でした。 全体的に、前年の寿三升景清と比べると、派手さやお正月感には欠けるかなあという印象でした。 最後に、獅童のワンハンと立廻りをするところは派手で面白かった。 獅童の中国風の衣装が似合っ…

6月の観劇まとめ

6月の観劇メモ6月歌舞伎座は、蘭平と明月八幡祭が素晴らしかった。 松緑の立ち回りの激しさにこの演目と息子の襲名にかける熱い思いを感じて、こちらも涙が出ました。口上の菊五郎のあいさつも、とても温かく、左近くんの将来が楽しみです。明月八幡祭は、吉…

6/21の観劇等

歌舞伎座で蘭平を幕見。発売が始まった頃に並びましたが、100番目でした。 やはり何度見ても激しい立ち回りにはドキドキして歌舞伎の醍醐味のひとつだなあと思うし、松緑と左近の蘭平・繁蔵親子の情愛にも泣かされました。 外国人や歌舞伎初めての人も多かっ…

5/18 歌舞伎座 杮葺落五月大歌舞伎

歌舞伎座を通しで見ました。 一部から三部の中では三部の二人道成寺が美しく華やかで一番印象的でした。 前回旧歌舞伎座でやったときは三階席で見て、花道が見えないので後悔したのですが、今回は三階席でも花道が見えてとてもよかった。前回とは違い、菊之…

5/12 前進座五月国立劇場公演

5/12(日)に国立劇場で前進座公演を観ました。普段見ている松竹と違ったところがあってなかなか面白かったです。御浜御殿綱豊卿は、浜遊びで奥女中が男装して芝居の真似をするのを女優が演じていたのが前進座ならではで華やかでした。綱豊卿が扮するのが船…

5/3 明治座 五月花形歌舞伎 初日

明治座初日を通しで見ました。 まずは開場前に劇場前で朝9:45から染五郎、愛之助、勘九郎、七之助によるご挨拶がありました。 七之助が歌舞伎座より良心的な値段なので何度も見に来てくださいというようなコメントをしてたのが面白かったです。 一日を通じ…

4/6 歌舞伎座 杮葺落四月大歌舞伎 第三部

第三部の盛綱陣屋は今月一番良かったと思います。何といっても仁左衛門と吉右衛門が素晴らしい。吉右衛門も盛綱役者というぜいたくさで、二人とも義太夫狂言のうまい人なので、この二人が出てる場面は知の盛綱と剛の和田兵衛の対比が素晴らしく、観ていて本…

4/6 歌舞伎座 杮葺落四月大歌舞伎 第二部

第二部の最初は菊五郎の弁天小僧。年齢的にそろそろやらなくなるかなあと思っていたので、屋根上の立ち回りまで観れてうれしかった。三階東側で観たので、花道の勢ぞろいもしっかり観ることができました。菊五郎、左團次、時蔵、三津五郎、吉右衛門が並んだ…

4/6 歌舞伎座 杮葺落四月大歌舞伎 第一部

4/6に待ちに待った歌舞伎座開場を通しで観てきました。 第一部最初は、鶴寿千歳。まずは染五郎と魁春。二人とも品があり、お祝いにふさわしい雰囲気でした。続いて、権十郎、高麗蔵を中心に若手が踊って最後に藤十郎がセリから登場。若々しく、存在感が大き…

3/17 国立劇場

3/17に国立劇場で福助の女清玄を観ました。 渡辺保さんの劇評の評価は厳しめでしたが、フレッシュな若手が活躍していて、思ったよりも面白かったです。 福助は、ただのきれいな役よりも、こういう女性の執念の怖さみたいのがあるくせのある役を演じてる方が…

3/10 赤坂歌舞伎

3月10日の日曜日に赤坂歌舞伎を観てきました。 とにかく勘九郎の早変わりがすごくて、三役の演じわけも見事。七之助、獅童も生き生きしていて、フレッシュな舞台で楽しかったです。 普段歌舞伎をやらない場所なので客層がいつもの歌舞伎とは違って、初めて歌…

3/9 新橋演舞場 三月花形歌舞伎 夜の部

3/9の土曜日に新橋演舞場の夜の部を観ました。 染五郎の大蔵卿は高貴な雰囲気と、後半の颯爽とした雰囲気はよかったですが、前半の作り阿呆はやっぱり難しいんだなあと感じました。 でも初役なので、何度も積み重ねていってほしいと思いました。 松緑の鬼次…

3/3 ル・テアトル銀座 三月花形歌舞伎

3/3に、演舞場の後、ル・テアトル銀座の海老蔵の三月花形歌舞伎の初日を観てきました。 最初は夏祭。花道が無く、代わりに通路を使うので、間近で見ることができて、迫力がありました。 海老蔵は、セリフに関しては相変わらず決してうまいとは言えませんが、…

3/3 新橋演舞場 三月花形歌舞伎 昼の部

先週、新橋演舞場昼の部を観てきました。 演目は二つだけでしたが、両方とも松緑が活躍していてなかなかよかったです。 まず最初の鱶七は、ル・テアトル銀座で玉三郎を相手にやったときより一回り大きくなったように感じました。特に後半、正体を現してから…

2/24 日生劇場二月大歌舞伎

もう月も変わってしまいましたが、2/24に日生劇場に行きました。日生劇場は上からでもけっこう見やすいのでわりと好きな劇場です。最初は幸四郎が口上で、團十郎さんの話をするかと思いきやそれはなく、染五郎の復帰の話をして、幕を振り落とすと吉野山。復…

1/13 シネマ歌舞伎 中村勘三郎追悼上映 「野田版鼠小僧」「らくだ/連獅子」

日曜日に丸の内ピカデリーで上映中のシネマ歌舞伎を観てきました。観たのは「野田版鼠小僧」と「らくだ/連獅子」。 両方とも実際に舞台を観ているので、懐かしく思い出しました。鼠小僧もらくだも映画館で観ても面白く、劇場内にもあちこちで笑いが起きてい…

1/12 壽 初春大歌舞伎@新橋演舞場

新橋演舞場を昼夜通しで観てきました。 寿式三番叟は、我當の翁が品格があり、1月の幕あきにふさわしい感じがしました。 車引は三津五郎の梅王丸が素晴らしかった。体全体から漂う力強さ、手を伸ばして腰を落とした姿の良さ、鞠のようにはずむ花道引っ込みの…

1/6 初春歌舞伎公演「夢市男達競(ゆめのいちおとこだてくらべ)」@国立劇場

日曜日に国立劇場に行って来ました。 初代横綱明石志賀之助が出てくる話ということで、開演前に日本相撲協会の櫓太鼓実演がありました。その後に太神楽曲芸協会による獅子舞。明石志賀之助の等身大パネルや、二階にはちょっとだけの狭いスペースですが関連展…

1/5 前進座劇場ファイナル公演「三人吉三巴白浪」

前進座劇場のファイナル公演に行ってきました。 前進座に行ったのは二度目ですが、前回は落語だったので、歌舞伎を観るのは初めて。 花道左側の一番後ろの席でしたが、劇場自体が小さいのでよく見えました。 三人の吉三のニンがあっていて、バランスがとれて…

1/2 新春浅草歌舞伎@浅草公会堂 

本年の初観劇は浅草歌舞伎初日を通しで観てきました。 まずは朝早めに到着して鏡開きを見ました。浅草歌舞伎は海老蔵は14年ぶり、孝太郎は16年ぶり、市蔵は23年ぶり、右之助は30年ぶりぐらいだと話していました。みんないろいろ意気込みを話してましたが、米…

12/22、23 當る巳歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 六代目中村勘九郎襲名披露

連休に京都南座に行ってきました。 昼の部佐々木高綱は、観たことないかと思ってましたが、一度見たことがありました。 そもそも話としてはさほど面白くありませんが、我當が非常によくて面白く見ることができました。 石切梶原は團十郎休演が残念でしたが、…

国立劇場12月歌舞伎公演「鬼一法眼三略巻」

国立の鬼一法眼三略巻、約40年ぶりという六波羅清盛館があるおかげで、菊畑の鬼一、湛海、皆鶴姫の置かれている状況がとてもわかりやすかった。歌六の清盛は風格があって立派。歌昇の湛海が振られた上に剣術にも負ける小物っぷりがよかった。芝雀が凛とし…

12月新橋演舞場

昼の部は御摂勧進帳。以前、国立劇場で雀右衛門の女暫と富十郎の芋洗い勧進帳で観たことがあります。 今回は、菊五郎劇団の若手が活躍していてなかなか楽しかったです。 松緑の暫はやはりこういう役が似合う人だなあと改めて感じました。 普通の暫と違って、…

11月国立劇場 通し狂言 浮世柄比翼稲妻

鞘当、鈴ヶ森が有名な演目。 今回、序幕が付いているので、鈴ヶ森の白井権八がお尋ねものになっている理由や不破伴左衛門と名古屋山三の対立の構図がよくわかりました。染五郎が出られなくなったので代わった高麗蔵と錦之助が好演でした。 幸四郎の不破が敵…

明治座11月花形歌舞伎 昼の部

11月の明治座昼の部、最初の傾城反魂香は序幕で高嶋館と竹藪の場が付いています。 澤瀉屋のこのやり方は以前三越劇場で観ました。 土佐将監閑居の場で、絵に書いた虎が出てくることや、雅楽之助がけがを負って駆けつけてくることなど、あの場面だけではよく…

11月 明治座 夜の部

猿之助の天竺徳兵衛は、博多座のときにも見ました。 序幕の異国話は、博多では韓国が近いとか、ご当地ネタも盛り込んでいましたが、今回はそういうこともできないし、外国にもあまりいいネタがないということで、石原都知事や橋下市長の話しなんかを少しして…