読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10/9、10/23 通し狂言仮名手本忠臣蔵第一部@国立劇場

国立劇場50周年の仮名手本忠臣蔵3か月通し上演企画の第一部を2回観ました。普段の通しでは出ない、二段目、三段目の裏門、四段目の花献上が出るのが見どころ。大序では、左團次が慣れた役だけあって大きな存在感があり、梅玉の判官と錦之助の若狭之助は両方…

10/8 十月花形歌舞伎GOEMON@新橋演舞場

関西で評判になったGOEMONが東京に初お目見え。 松竹座で評判になっていたときに気になっていたので、愛之助のフラメンコがどんなものか楽しみに観に行きました。和洋折衷で盛りだくさんで、結果的に予想外の面白さでした。 途中で挟まるフラメンコは初めて…

9/25 秀山祭9月大歌舞伎@歌舞伎座 夜の部

めったに出ない吉野川が新しい歌舞伎座でようやくかかり、素晴らしかったです。 玉三郎のリアル路線に対して吉右衛門の義太夫狂言としての方向に沿ったやり方とがかみ合っていない感じはしたものの、現在の歌舞伎の中で考えうる最高の組み合わせだろうと思い…

9/22 舞台ガラスの仮面@新橋演舞場

舞台「ガラスの仮面」、原作の漫画は読んだことないんですが、主演の貫地谷しほりが好きなので観ました。貫地谷しほりの演技がうまかったです。カーテンコールで舞台を走る様子が少女に見えました。 それと、月影先生を演じた一路真輝がさすがの圧倒的な存在…

9/19 9月文楽公演『通し狂言 一谷嫰軍記』@国立劇場

先に第二部を見て、順番が逆になりましたが、第一部もよかったです。堀川御所の段は、團十郎、三津五郎が国立劇場でやったのを思い出しました。 陣門、組討は、熊谷が首を打とうとするときに躊躇する表現が非常によくて感動しました。 組討で、遠見で小さい…

9/18 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部@歌舞伎座

9月の昼の部、碁盤忠信は日生劇場でも観ています。あまり覚えていないので、どこがどうというわけではないのですが、その時のほうが面白かったような気がしました。 最初にだんまりが付いているのですが、あんまり意味がないかなあという気がするのと、亀鶴…

9/4 九月新派特別公演@新橋演舞場

9/4、新派の喜多村緑郎襲名公演を昼夜通して観ました。昼の部最初は振袖纏。松也の鳶姿がかっこよく、猿弥の鳶頭が貫禄十分。口上では、松也が噛んでしまって、後の猿弥がツボにはまってました。 その猿弥の口上が面白く、名前が変わっても段ちゃんと呼んで…

9/3 9月文楽公演『通し狂言一谷嫰軍記』『寿式三番叟』第二部@国立劇場

9/3に文楽第二部を観ました。通し狂言だったので順番通り観たかったのですが、チケットが取れなかったので熊谷陣屋の方から。まずは三番叟。開演前に理事長の50周年ご挨拶。開場の頃は前にまだ都電が走っていたとか。挨拶の後、人形から花束を渡されました。…

8/27 歌舞伎座第2部・第3部

歌舞伎座の8月は第2部と第3部を観ました。第二部の東海道中膝栗毛は、染五郎と猿之助のコンビのハチャメチャっぷりが面白かった。 最初の猿弥の義経千本桜での後見がボケて変な附け打ちしたり、扇子じゃなくてやかんを渡すとか、後半、幽霊が出てきて、志村…

8/21 狸御殿@新橋演舞場

新橋演舞場で和製ミュージカル狸御殿を観ました。シンデレラをベースにした、肩のこらない楽しいミュージカルでした。 ガラスの靴の代わりに草履が残されるのですが、草履は誰でも履けるからわからないというオチとかも面白かった。 いろいろな人が出ている…

7/30 母と惑星について、および自転する女たちの記録@パルコ劇場

建て替えのためになくなってしまう渋谷のパルコ劇場で、「母と惑星について、および自転する女たちの記録」というお芝居を観ました。 斉藤由貴、田畑智子、鈴木杏、志田未来という、いい女優さん四人の共演で面白かった。 特に斉藤由貴が、だらしなく、自由…

7/24 歌舞伎座 夜の部

荒川の佐吉は、猿之助が仁左衛門とはひと味違った無骨な佐吉を好演してた。 巳之助の辰五郎とのコンビもよかった。 海老蔵はセリフがだめだが、猿之助との対比が面白かったです。 三升景清は、関羽と解脱がない上演ではちょっと変化がなくて飽きる面もあるな…

7/10 歌舞伎座昼の部

昼の部最初は柳沢騒動。大阪で橋之助主演で観た時は、橋之助のニン的にいい人っぽさがにじみ出てしまって、今ひとつ面白いと思わなかったのですが、海老蔵が主役になって観てみると、もともとは貧しいいい人だった吉保が悪の面を前面に出して出世していく様…

シネマ歌舞伎「歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉」

シネマ歌舞伎「阿弖流為」を観ました。 実際の舞台も3回観に行って感動した舞台なので、楽しみにして行きました。シネマ歌舞伎になったことで、よかったのはアップが多用されていて、舞台ではわからなかった細かい表情などまではっきり見えたことや両花道が…

7/3 つかこうへい七回忌特別公演「新・幕末純情伝」@天王洲銀河劇場・7/6@紀伊國屋ホール

松井玲奈主演、新・幕末純情伝を観に行きました。 率直に言って、すごい舞台でした。泣きました。 キャストが発表された当初は、元SKEの松井玲奈とお笑い芸人NON STYLEの石田明ということで、あまり役者としては期待できずに話題性だけかな−と思っていたので…

6/26 熱海五郎一座@新橋演舞場

笹本玲奈さんが出るということで、熱海五郎一座を初めて観ました。 新橋演舞場では3回目という一座、正直、お話とギャグは比較的高齢者向けな定番な感じで少々ベタだなーと感じましたが、軽演劇という名にふさわしく、頭空っぽにして気楽に楽しめる内容でし…

6月歌舞伎座第一部、第二部、第三部

6月歌舞伎座は義経千本桜の3部制。鳥居前もほしいところですが、これはこれで面白い試みだと思いました。 染五郎初役の碇知盛は、最初染五郎の知盛の線が細いと思いましたが、後半は力強くてよかったです。ただ、低い声はいいのですが、声を張り上げたときに…

コクーン歌舞伎「四谷怪談」@シアターコクーン

ツイッターでの評判など見て、どうなるんだろうと不安になりながら観に行きました。 結果として、見終わって、もやもやの残る感じでした。 これまでのコクーン歌舞伎は、歌舞伎のベースがあって、その上にいかに串田演出を載せていくかというところに面白さ…

6/5 新派特別公演「浅草の鈴」「国定忠治」@三越劇場

新派公演、初めて見る国定忠治を楽しみに行きました。 深川の鈴は、いい話でした。大向うさんもいて、月乃助に澤瀉屋と声がかかってるのを聞いて、澤瀉屋と呼ばれるのも今回までかあとちょっと寂しい気がしました。 蚊帳から紐がつながっている鈴が鳴るのは…

6/4 歌舞伎鑑賞教室「魚屋宗五郎」@国立劇場

歌舞伎のみかたは中村萬太郎。前回もそうだったように、立て板に水のようにスラスラと解説。橋吾が景清の扮装での立廻り、國矢と千次郎で髪結新三の立廻りで、荒事と世話物の違いを説明。その他、いつものように、セリ、すっぽん、花道、附け打ち、黒御簾の…

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起

ついにエド・マスからシャアとして生きていくことになるところ、身元がばれそうになったので同級生を陰謀にはめて殺してしまうところなどシャアの非情さが出てきた。 ガルマとの出会いなどファーストガンダムファンとしてはとても楽しく見ました。 次が楽し…

ちはやふる 上の句・下の句

上の句と下の句を観ました。 爽やかな青春スポーツ映画といった感じで面白かったです。 実は広瀬すずがあまり好きではなく、キャストが発表された時には、原作と違いすぎるだろという思いがありましたが、実際見てみると、原作と違うのは仕方ないにしても広…

團菊祭五月大歌舞伎@歌舞伎座 昼の部・夜の部

歌舞伎座團菊祭の昼の部と夜の部を観ました。 鵺退治は50年以上ぶりという珍しい演目。 30分程度の短いものだし、鵺を退治するというだけの大したことのない演目ですが、梅玉がよかった。 梅玉は烏帽子姿がよく似合う。鵺がきぐるみなのがちょっと愛嬌があっ…

5/21 五月文楽公演@国立劇場「絵本太功記」

5/21(日)に文楽の絵本太功記を観ました。 歌舞伎の絵本太功記の尼ヶ崎は動きが非常に少なく、眠くなってしまう苦手な演目なのですが、文楽で本能寺から妙心寺、夕顔棚、尼ヶ崎と通しで見ると話の流れがよくわかり、歌舞伎だと唐突に出てくる巡礼に化けた久…

前進座「東海道四谷怪談」@国立劇場

国立劇場で前進座の東海道四谷怪談を観ました。 4時間を超える長時間でしたが、あまり長さを感じない面白さでした。 普段めったに上演されない、三角屋敷と夢の場も含む上演。やはりこの場を含む第四幕からが非常に面白かった。 三角屋敷が上演されるので、…

5/8 宝塚雪組公演「るろうに剣心」

5/8(日)千穐楽の11時に宝塚のるろうに剣心を観てきました。 宝塚を観たのは初めて。ワンピース歌舞伎で歌舞伎を初めて観た人と同じように、演目がるろうに剣心だから観てみたいということがきっかけでした。 初めて宝塚を観た感想としては、歌も殺陣も非常…

超歌舞伎の歌舞伎演出のちょっとした解説的な振り返り

超歌舞伎は映像が使われて初音ミクと共演するところや両脇の画面に生放送のコメントが流れるところが斬新でしたが、ほとんどが歌舞伎の義経千本桜の狐忠信の場面を中心に、歌舞伎好きにはおなじみのオーソドックスな歌舞伎の手法が使われていましたので、ち…

4/30 超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」@ニコニコ超会議in幕張メッセ

ニコニコ超会議の超歌舞伎を観てきましたー! 本当は行く予定はなかったんですが、前日の動画を見て、想像以上の面白さと盛り上がりぶりにいてもたってもいられなくなって、急遽行くことにしました。 行って本当に良かったです!1時の回と3時の回、両方観ま…

4/22 末広亭 六人の深夜

夜の部が終わった後、真打が近い6人による深夜寄席。三木男「お菊の皿」駒次「終着駅のエトランジェ」さん若「徳ちゃん」こみち「蛇含草」駒次が面白かった。真打も近いということもあって、皆それぞれそれなりにうまいけど、三木男は少し劣る感じがしました…

4/22 末広亭 夜の部 主任:橘家圓太郎

末広亭夜中入り後から聞きました。志ん丸「壺算」にゃん子金魚「漫才」文左衛門「目薬」小里ん「長短」翁家社中「太神楽」圓太郎「三年目」

4/17 歌舞伎座 夜の部

4/17(日)に歌舞伎座夜の部を観ました。 歌舞伎座で杉坂墓所が出たのはかなり久しぶりとのこと。 私は大阪で仁左衛門が通しで出したときに見て以来でした。 やはりここがあると、毛谷村の話がわかりやすくて良いと思います。 お幸の入り込みもあるので、省…

4/16 明治座 四月花形歌舞伎

明治座を昼夜で観ました。 昼の部は、末広がりがとても面白かった。勘三郎さんが勘九郎時代に自主公演でやって以来、本公演では初めてだそうですが、松羽目物の定番として他の役者さんがやってもよさそうだと思いました。 勘九郎の傘を持っての踊りが軽やか…

四月歌舞伎座 昼の部

歌舞伎座昼の部、操り三番叟は、染五郎の動きが軽やかでした。 不知火検校は演舞場で上演されて以来の再演。 舞台転換が多くて慌ただしいのと、舞台が暗いのであまり好きな演目ではありませんが、幸四郎にはぴったりはまった演目だと思います。 小悪党の一幕…

僕だけがいない街

僕だけがいない街を観ました。原作は読んでないので、アニメとの比較だけしかできないけど、ちょっと最後は納得いかない終わり方でした。 子役は二人ともうまくてよかった。有村架純がかわいかった。http://wwws.warnerbros.co.jp/bokumachi/藤原竜也 有村架…

3月新派公演「遊女夕霧」「寺田屋お登勢」@国立劇場

3/27(日)に国立劇場で新派公演を観ました。 遊女夕霧は新派らしい良い話でした。 波乃久里子さんは、前半の花魁と後半で与之助のために奔走する姿の差と、情の深いところが非常によかった。 後半に出てくる脇役の柳田豊と田口守が非常にうまくて、その時代…

宮本武蔵外伝〜話が宿敵は女子高生成り〜@三越劇場

3/21千穐楽に三越劇場で宮本武蔵外伝を観ました。 宮本武蔵と女子高生が入れ替わるという話。ストーリーの突っ込みどころの多いのはさておき、殺陣が多くて、そこは面白かった。 主役の大塚さんが身体能力が高く、二刀流がきれいにかっこよく決まってました…

いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK乱鶯@新橋演舞場

3/13(日)に新橋演舞場で劇団新感線の乱鶯を観ました。 開演前と幕間のロビーに流れている音楽が、大江戸捜査網、子連れ狼、鬼平犯科帳など往年の時代劇のテーマ曲で、なんかテンション上がりました。 これまでの新感線と比べると、派手な立廻りとかはもち…

ジキル&ハイド@東京国際フォーラム ホールC

3/12にジキル&ハイドを観ました。 4年前にも観た演目の再演。 最初から最後まで緊張感があって、上演時間を感じさせないし、歌がどれも良いので好きなミュージカルです。 石丸幹二のハイドがマントを翻して次々と人を殺していく様子がスマートでかっこよく、…

国立能楽堂 狂言「空腕」、能「田村」

土曜日に国立能楽堂に行ってきました。 田村は初めて観ましたが、前半の童子も後半の坂上田村麿も非常に面白く観ました。 パンフレットの解説によると、「シテが戦勝の将軍であるため、江戸時代には武士に重んぜられ、同じく戦勝の武将を主人公とする能「箙…

三月歌舞伎座 中村芝雀改め五代目中村雀右衛門襲名披露 昼の部・夜の部

先日、土曜日に中村雀右衛門襲名披露を昼夜観てきました。 一番よかったのは、夜の部の金閣寺。 新雀右衛門が障子を開けて出てきた瞬間、下手寄りから斜めの角度で観ていたので顔が細く見えたせいもあって、先代にそっくり!という印象でした。 爪先鼠のとこ…

歌舞伎座 夜の部 籠釣瓶 幕見

昨日、籠釣瓶の千秋楽を幕見しました。会社帰りなので、栄之丞の浪宅から。 何度見ても吉右衛門も菊之助も良かった。縁切りの場の橘三郎が吉右衛門の胸ぐらを引っ張って、吉右衛門の体が斜めに傾いて、扇子でポンとたたかれてさらに下を向く様子がじっとつら…

西本智実指揮 オールチャイコフスキープログラム百花繚乱@かつしかシンフォニーヒルズモーツアルトホール

西本智実指揮の演奏を聞きに行きました。 かっこいい指揮でした。ピアノの岩崎さんも素晴らしかった。 西本智実(指揮)・岩崎洵奈(ピアノ)・神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第Ⅰ部 歌劇「エフゲニー・オネーギン」Op.24よりボロネーズ ピアノ協奏曲第1番…

歌舞伎座 夜の部

夜の部を観てきました。 源太勘當は以前に観たとき面白くなかった記憶があったけど、今日観たら梅玉のなんともいえない風情が感じられて、物語の語りも意外と面白かった。 筋書を見たら、前に観たのは11年前の勘太郎、海老蔵、芝のぶ、秀太郎でだったので面…

国立劇場 文楽二月公演 第一部 「信州川中島合戦」

文楽第一部を観ました。本当は観る予定ではなかったのですが、昨日聞いた渡辺保さんの文楽講座で直江屋敷がいいと聞いたので、急遽チケットを取りました。 用事があったので、靱猿はパスして輝虎配膳から。 確かに面白かった。輝虎配膳も歌舞伎で観るより面…

国立劇場 文楽二月公演 第二部「桜鍔恨鮫鞘 鰻谷」「八代豊竹嶋大夫引退披露狂言 関取千両幟」、第三部「義経千本桜 渡海屋・大物浦 道行初音旅」

文楽二部と三部を観てきました。 鰻谷は東京では45年ぶりの上演だそうです。 歌舞伎オンザウェブで調べたところ、歌舞伎では1980年に朝日座で13代目仁左衛門と我童でやって以来、出ていません。 夫に必要な金を工面するために、持参金つきの婿を迎えて夫に縁…

二月歌舞伎座昼の部「新書太閤記」

歌舞伎座の昼の部、新書太閤記を観てきました。菊五郎が楽しそうに愛嬌いっぱいに藤吉郎を演じているのがよかったです。 ただ、ストーリー的には、短いエピソードが次々に進んでいくので、わかりやすいけれど、じっくりみせる見所がほしかったという感じがし…

シネマ歌舞伎「喜撰/棒しばり」@東劇

昨日、東劇でシネマ歌舞伎「喜撰/棒しばり」を観ました。 棒しばりは平成16年。映像で見ても面白く、実際に観たときにとても笑ったことを思い出しました。 勘三郎(当時勘九郎)と三津五郎の息がぴったりあっていて、まだ若いだけに動きも軽やか。相手がお酒…

籠釣瓶花街酔醒幕見@歌舞伎座

チケット取ってあるのは今月後半なのですが、ツイッターや劇評などでの評判の良さに居ても立ってもいられず、昨日、幕見で菊之助、吉右衛門の籠釣瓶を観てきました。 これが噂に違わぬ素晴らしい出来。凄いものを観たという感じがしました。 まず、菊之助の…

らくご街道 雲助五拾三次之内 〜通し〜 双蝶々@日本橋劇場

昨日、五街道雲助の双蝶々通しを聞いてきました。双蝶々の通しは以前、雲助師匠と弟子3人のリレー形式で聞いて以来。 双蝶々より 一、長屋 一、定吉殺し 一、権九郎殺し〜芝居掛〜 仲入り 一、雪の子別れ やはり後半がとてもよかった。定吉殺しで手ぬぐいを…

1/23 元禄港歌―千年の恋の森―@シアターコクーン

幕開きの暗い中での辻村寿三郎の人形と美空ひばりの歌は一気に芝居の雰囲気に引き込まれました。2階だったので、人形が見えにくかったのが残念。1階で観ればよかったなと思いました。 段田安則、高橋一生、宮沢りえ、鈴木杏といった主要キャストがみんな良か…